黒酢について

      2017/06/16

「血液サラサラ」な食べ物といえば多くの方は納豆を想像するかもしれませんが、納豆は人によって好き好みが分かれるので万人向けとは言い難いですよね。

また、手間も多少かかるのでそれが面倒なこともしばしば・・・

そこで、ここでは納豆に勝らずとも劣らないもう一つの血液をサラサラにする食べ物である黒酢についてご紹介します。

ダイエット効果

アミノ酸・クエン酸が他の食品と比較してとても多い

→脂肪の吸収を抑制する働きや脂肪を燃焼させやすくする働きがある。中性脂肪やコレステロールを減少させる働きがある

だから、運動と組み合わせて摂取することで、運動による脂肪燃焼効果を高めることができます。

→結果的にダイエット効果が期待できる

※某醸造酢メーカー研究所の最近の発表によると酢を継続摂取することにより体内の脂肪を減少させる効果が見られ、内臓脂肪に問題のあるメタボリックシンドローム疾患予防にも役立つという結果が臨床実験で実証されました。

生活習慣病、動脈硬化を予防

黒酢に含まれるペプチド

→赤血球の形をしなやかにし、血液の流れをスムースにする作用がある

だから、血栓が除去されて動脈硬化予防・生活習慣病予防などが期待できる

ACE

→高血圧を抑制する物質。黒酢には沢山含まれている

疲れ解消に効く

クエン酸

→人間の体は乳酸が溜まると肩こりや疲労に繋がるが、クエン酸は乳酸を分解してエネルギーにしてしまうので元気になる

便秘解消に効く

大腸の動きを活発にする

→便秘に効果的

いつまでも若々しくいられる

抗酸化作用

→黒酢の抗酸化作用は他の食品より豊富。いつまでも若々しく。

黒酢の効果はまとめると以下のようになります。

  • ダイエット効果がある
  • 生活習慣病、動脈硬化を予防できる
  • 疲れ解消に効く
  • 便秘解消に効く
  • いつまでも若々しくいられる

デメリット

  • 黒酢独特の味が苦手だと飲みにくい。
  • 腸を刺激するので飲みすぎるとお腹を下す
  • 飲みすぎると酸蝕歯で歯が溶ける

黒酢は一日15ミリから30ミリ程度を希釈して飲むのが良いとされています。

アレルギー反応による紅斑が出る場合もあります。

余談

黒酢は食事以外にも以下のような効果があります。

  • 掃除洗濯に使用する事で防汚・除菌作用がある
  • スキンケア・ヘアケアにも関しても美容効果が認められている

 - 血液をサラサラにする食べ物